基礎知識

ウエディングドレスにおける基礎知識として、近年においては、"白いドレス"といっても、そのカラーバリエーションも様々となっています。
まず、ウェディングドレスに使われる「白」の種類を大きく分けてみると、「ピュアホワイト」「オフホワイト」「アイボリー」「シャンパンカラー」といった、4つ色の種類があります。

そのPOINTは、ウェディングドレスは、自分の肌色に合わせて選ぶことに尽きると一個人の私は思います。
自分自身のお肌の色に合わせるのは良いのですが、だからと言って、ウェディングドレスばかりが目だって、浮いてしまうことがないようにすることが大切なのです。

ピュアホワイト

ピュアホワイトとは、その名の通り、純白なイメージを真っ先に連想させてくれる、純白真のドレスの色のことです。この色の場合は、やや、青みを帯びている色であるため、どちらかというと、色白の人が着るウェディングドレスに非常にオススメの色です。この色は相反してクールな色でもありますから、花嫁をスタイリッシュな印象とすることができます。
また、 客観的に見てイエローベースの肌の人がこの色のウェディングドレスを着てしまうと、顔色があまり良くないように見えてしまうので、その際は注意が必要です。

オフホワイト

オフホワイトという色は、パッと見た目はほとんど白に近い色となっているのですが、ピュアホワイトと比べてみると、どちらかというと若干黄色っぽい色であり、またの名を「生成り」ともいわれている色のことです。
日本人の黄色い肌によく馴染む色ですので、日本においては着る人を選ばないために、どういった人が着たとしても、とても映えて見える色でもあります。
オフホワイトは純白より若干柔らかいイメージとなっており、結婚式においては、優しい雰囲気で花嫁を演出できるという特徴を持った、ウェディングドレスの色でもあります。

また、アイボリー・シャンパンゴールドなども、ウェディングドレスの色としては人気です。
あまり聞き慣れないかもしれませんが、アイボリーという色は、象牙などにも見られるような色で、薄い黄みがかった白色のことです。どちらかというと ベージュに近い色合いとなっており、オフホワイトよりも、さらにソフトなムードを演出してくれる色です。
着る人の肌が、強めのイエローがベースとなっている肌の人にオススメの色です。

そして、非常に黄みの強い光沢を持ったシャンパンカラーというのは、ガーデンパーティなどといった屋外で行う際の挙式などの場合に綺麗に映える色です。この色を使ったウェディングドレスは最近人気の色となっており、白ドレスの中でも特にインパクトがある色でもあるために、これの色のウェディングドレスは、個性的な花嫁といった部分を目指している人にとても似合うタイプのウェディングドレスです。 また、このタイプは、色黒な人にもよく似合う色とされ人気があります。

check

新宿で人気の納骨堂を比較ランキング形式で徹底比較

最終更新日:2017/12/11